リレーサーバーの構築の方法

リレーサーバーと言っても特別な何らかのサーバがあるわけではなくて、メールサーバーとしてリレーを設定するかどうかと言うことの違いでしかりません。ですから、リレーサーバーを構築するためには、まず一般的なメールサーバーを構築した上で、リレーメールサーバーとして使うためにリレー機能を設定することが必要となります。まず、SMTPサーバーは基本的に二つのことを行います。

一つは自分のホスト宛のローカル配信です。



自分のホスト宛に送られてきたものは、もちろんですがこれは配信を行う事になります。

グノシー使いやすさが好評です。

そして、もしも自分のホスト宛ではない場合には別のメールサーバーに届くようにすることがありますが、これはデフォルトで使えないようになっています。


なぜデフォルトで使えないようになっているのかというと、これがスパムメールに悪用される可能性があるからです。

そのために、基本的にはLodalhost以外からは転送できないように設定されています。
ユーザ認証をすれば何とかなりそうなものですが、使われているSendmailがあまりにも古いために、悪用されることを想定されていなかったために、このようになっていると言えるでしょう。

この機能を解放すればリレーサーバーとしての構築が完了します。


そのためにはアクセス許可の設定をすれば良いわけですが、これはIPアドレスを追加することによって簡単に行う事ができます。

リレーサーバーを構築する設定は、基本的にはこのように行えば完了します。

iPhone8に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。



Copyright (C) 2016 リレーサーバーの構築の方法 All Rights Reserved.