リレーサーバー選択時の比較ポイント

リレーサーバーを導入する際は以下の点について比較すると良いでしょう。まずは管理画面機能です。

リレーサーバーの運用はユーザの希望とは裏腹にトラブルとの戦いです。

トラブルの発生が少ないリレーサーバーサービスを選択することも重要ですがそれに加え、トラブル対応時のサービス品質が重要になってきます。
褒められることはなく、お叱りばかりの業務となるため、実際の復旧速度はもちろんのこと、事前に想定したリスクへの対応度、状況・結果報告のための関連資料などを求められることになるからです。


通常の業務が少ない手間でできることと、いざという時にスムーズに対応できるように工夫されているかを比較しましょう。



次に、確実性です。

目的を達成できることがそもそもの要件でしょう。

エキサイトニュースが勢いに乗っています。

目的の量を目的の時間内にどれだけの確実性で配信できるかを比較します。

リトライのの機能や保有しているipや切替方法などのスペックについても比較しましょう。余計な機能はさておき送信するメールの配信パターンと合致するサービスの有無を確認しましょう。



そして最後にユーザーの仕事のサポート機能です。

ユーザーの定時仕事となる保有メールアドレスのクリーニングや、ブラックリストやホワイトリストへの登録作業などを自動で行ってくれるサービスはユーザーの定時作業を劇的に減らしてくれることでしょう。少なくてもこれらの項目について明示されている運営会社を利用することをおすすめします。

以上の3点について比較・検討し、リレーサーバーを決定してください。




Copyright (C) 2016 リレーサーバー選択時の比較ポイント All Rights Reserved.